Skirts

基本スカート(ベルト付き) | Basic skirt (with waist band)


● タイトスカートの型紙はタックスカート、ヨーク切り替え、Aラインスカートなど色々タイプのスカートを作るときの基本の型紙となるのでスカート原型として作っておくと便利です。
● このスカートの製図はインサイドベルトを付ける場合の製図で前後それぞれの型紙のウエスト寸法に0.5cm(全体で2cm)のいせ分が入っています。
● ベルトを付けない場合はいせ分を入れずに計算して下さい。

● Many type of skirts such as A-line, tacked or yoke seamed can be made usingn this basic pattern.
● For this skirt WITH waist band, ease (0.5cm) is included in each of front and back waist measurement.
● In case of not having waist band, DO NOT add the the waist ease.




<各部名称>

WL = ウエストライン (Waist Line)
CB = 後ろ中心 (Center Back)
CF = 前中心 (Center Front)
HL = ヒップライン (Hip Line)


はじめに

ウエスト、ヒップ、スカート丈をそれぞれ採寸します。
後は図中の青線を描いていくだけです。
( )内の寸法は規定寸法ではないので自分サイズの寸法にして下さい。
画像をクリックすると拡大します。

※ 単位 : cm



Step 1




● 腰丈20cmは多少の誤差もありますが大体の人はこの寸法で良いと思います。気になる場合はしっかりと測って決めて下さい。
● <H/4+1>はヒップに1cmのゆるみ(全体で4cm)を入れるという事。

● 前の幅が後ろより広い(前後差)のは、体を真横から見ると前側の方が厚みがあるので脇線を後ろにずらして真横で落ち着かせるためです。そのため <H/4+1>に後ろは-1cm、前は+1cmを入れます。

(痩せ型の体型には前後差を付けない事もあります)


● BACK: H/4 + (Ease) - (Side seam move)
● FRONT: H/4 + (Ease) - (Side seam move)


Step 2



15cmのベンツの長さは膝丈スカート(55cm位)を基準にしています。丈の長いスカートの場合はベンツも長くします。

Step 3



● 脇側から1.5cm入り0.7cm上がった所からWLをカーブ尺で描き、<☆>と<★>の長さを測っておきます。
● 後ろ中心で1cm下げるのを忘れずに。


Step 4




● WL~HLまではカーブ尺で脇線を描き、HLから下は直線で。

Step 5



● 前後とも中心側のダーツから描きます。後ろは1/3、前は1/2の所にダーツが入るのでその位置に印をしておきます。



● Inside dart is placed at the point.
Step 6


● ダーツの寸法を計算します。
ダーツは前後二本づつ入るので<☆-a>、<★-b>をそれぞれ2で割ったものがダーツ一つ分の寸法となります。
(ウエスト計算式の<+0.5>はいせ分、後ろ<-1>、前<+1>は前後差。)
● ダーツ一つが3cm以上になる場合は<Step3>の1.5cmを2cmにしたりいせ込み分を数ミリ増やしたりするなどしてダーツが3cm以内になるように調節して下さい。
● <Step5>の位置から右側に一つ目のダーツをとります。この時、ダーツの中心からダーツの長さの線を垂直に下ろし、先端から0.5cm脇側に移動した点がダーツの先端となります。
● カーブ尺でダーツを描きます。


● BACK : W/4+0.5-1
W/4+(Ease)-(Seam move) → Wasit measurment without darts → a
)→ Total darts = ☆-a

● FRONT : W/4+0.5+1
W/4+(Ease)+(Seam move) → Wasit measurment without darts → b
                                                                                                         → Total darts = ★-b


Step 7



● 補助ダーツを描きます。
補助ダーツは簡単で、残った脇側の寸法の中心が外側ダーツの中心となります。ダーツの先端も一つ目のダーツと脇線の中間となります。
● カーブ尺でダーツを描きます。


Step 8


W寸法にカギホックを付けるための持ち出し3cmを付けます。


これでタイトスカートの製図が完成!



最後に・・・

● 「前後差」は体の厚みに対して脇線を真横に落ち着かせるため、「いせ込み」はお腹の丸みを綺麗に補うために入れるものなので両方とも入れるのが基本です。
● 痩せ型体型の場合、前後差をつけてしまうと脇線が後ろに行き過ぎに感じてしまうことがあるのでまずは前後差なしで製図してみて下さい。痩せ型と言ってもお腹には多少の丸みがあるのでいせ込みは入れても良いと思いますが、お腹が出ていない場合は入れなくても問題ないでしょう。
● スカートのW寸法はいせ込み分が入っているため実際のWより全体で2cm大きくなっていますがベルトを付けるときにこの2cmを入れ込んでしまいます。
● ベルトを付けないスカートはいせ込みを入れないのでお忘れなく。



ヨーク切り替えのプリーツスカート(原型使用) | Pleated yoke skirt (Use of basic skirt pattern)



● このスカートはスカート原型を元に製図する方法です。(原型のウエストにいせ分(0.5cm)が入ってる場合はウエスト脇側でカットして下さい。)
● ヒップハングのスカートで前にはプリーツが入り、後ろはプレーンなデザインです。


● This drafting is used basic skirt pattern. (If ease (0.5cm) is included in waist, cut the amount off at the waist side.)
● This is a low rise skirt which has pleats in front and plain back.


● 青色が原型からの変更です。
● この製図は55cmのスカート丈を基準にしています。
● どこから始めるの?と思ってる方、ステップに沿ってやってみましょう!


● Blue lines are changes from basic skirt pattern.
● Measurements are based on 55cm of skirt length.
● You don't know where to star? Then get started along the steps!

Step 1



● まずウエストから4cm下がったところ平行な線を描きます。
● ヒップの緩み増やし、裾巾を広くします。
● 脇線を描きます。


● Draw a parallel line 4cm below waist line.
● Add hip ease and extend hem width.
● Draw a side seam line.
Step 2

● ヨークの高さを7cmとりウエスト線と平行に描きます。
● 全てのダーツエンドをヨーク切り替え線上で止まる様に直線で描きます。
●前スカート、中心側のプリーツ線はダーツエンドから。二本目はその5cm外側。(aやbの巾は好みで変えても構いません。)


● Draw a yoke seam line 7cm bellow the lower waist line.
● Make all the dart-ends on the yoke seam line and re-draw straight lines.
● In front skirt, place centerside pleat right bellow the dart-end, then place second pleat 5cm away. (You can change the measurement of a or b as you like)
Step 3

● ヨーク切り替えとプリーツ線はカットします。
● ヨークのダーツはたたんで角になった所を自然なカーブ線でひき直します。


● Cut off the yoke seam lines and pleats lines.
● Fold the darts and re-draw to round off the corners.
Step 4

● プリーツは巾の倍に切り開いて完成で~す!簡単でしょ?


● Complete!


ヨーク切り替えのマーメードスカート(6枚はぎ) | Gored yoke skirt (6 panels)



● このデザインは裾広がりのマーメードラインが特徴で薄手のやわらかい素材が適しています。
● ヨークの巾を変えたり、切り替えなしにしたりはお好みで。


● Smooth or light materia (such as wool or poly) is suitable for this mermaid line skirt.
● Modify the yoke height if you like. You can also make it with no yoke seam.




● 55cmの膝丈スカートを基にした製図です。
● ウエストとヒップの差が大きい場合はダーツ寸法を4.5にして下さい。
● 裾で4cm出していますが好みで増やして下さい。特に長いスカートの場合は更に広げます。


● Measurements are based on 55cm of skirt length.
● If there is a big difference between waist and hip measurement, change the amount of each dart to 4.5cm.
● Extend the hem width if you want (especially for longer length more than this skirt).


Step 1


Step 2



Step 3


● 矢印はカーブで描きます。
● <a><b><c>は好みで変えても構いませんが<b>は少なくとも30cmはあると良いです。


65cm丈 a:8-9cm, c:7-8cm


● Allows mean curves.
● Modify <a><b><c> if needed but remember <b> becomes 30cm at least.

For instance,
65cm length  a:8-9cm, c:7-8cm

Step 4


Step 5

● ダーツをたたみ、角張った部分を自然なカーブに引き直します。ダーツをたたんだ状態でウエスト線とヨーク切り替え線をカットします。


● Fold darts and round off the corners. Keep folding then cut waist and yoke seam line.
Step 6



● 完成!




バルーンスカート | Bubble skirt


● オリジナルデザイン。→ 作品を見る
● 50cm丈を基準にした製図で前後それぞれに6本のタックが入っています。
● ウエストにイセ分は入れてません。
● バールーンのふっくら感を出すには張りのある生地を選ぶと良いです。
● この製図は私個人の型紙を元にしたものなで、本縫いの前に仮縫いをしてタックの具合やスカートのボリュームなど確認して下さい。

● My original design. → Go check it out
● Measurements are based on 50cm of skirt length. 6 tucks are inserted in front and back side.
● Waist ease is not added.
● Bulky/stiff and shapable fabric is suitable to make a bubbly form.
● For your ideal skirt, assembling all pieces and fitting are recommended after cutting out.


本体 | Main body

前後とも同じ手順ですが後ろを先に作成します。

① 基礎線、裾線を書く
・縦×横の長方形
② ウエスト線をカーブでひく
・脇側は7mm上げ、後ろのみ中心から1cm下げる
③ 裾を7cm広げ脇線を書く
④ <>の寸法を出しウエストタックを入れる
は切り良い寸法でも構いません <例 3.6875→3.7, 3.5>
が3.5cm以下の場合はウエストの前後差をなくしたりタックの間隔や位置を変えて調整して下さい
※ 前後差を無くす場合、前の製図はウエスト線以外は後ろと同じ製図/寸法になるのでご注意を
⑤ 裾側のタックを入れる





Back side goes first then front side.

① Base and bottom line (A box of length x width)
② Waistline (You can round the measurement of )
③ Side seam line
④ Waist tucks
⑤ Bottom tucks


裏地 | Lining

裏地の製図がスカート本体の上にしていますが分かりやすくするためなので写す必要はありません。

① 中心線を書く
② 裾線、裾タックを書く
③ 脇線を書く
・本体の脇線と平行
④ ウエスト線を書く
⑤ ウエストタック書く
は大よその目安







The body pattern is shown for easy understanding. No need  to copy it.

① Center line
② Bottom line and bottom tucks
③ Side seam line (Parallel to body's)
④ Waistline
⑤ Waist tucks


ウエストライン修正 | Redraw waistline

型紙を切り取る前に、タックを正しい向きに畳んで、がたついたウエスト線を滑らに書き直します。
ウエスト線はタックを畳んだ状態で切り取ります。


Fold tucks in the right direction and make the bumpy waistline smooth.
When cutting waistline, fold tucks.