Pattern Manipulation

ダーツの基本操作 (前身頃) | Dart manipulation (Front bodice)



身頃原型の前WL(ウエストライン)は前下がり、脇線は後ろに傾いているます。これは胸の高によって脇線が前に、前WLが上に引っ張られるのでためで原型を着ると脇線は真下、WLは水平になります。この前下がり分(前後の差<>)は胸の高さの分量、いわゆるダーツの分量です。これを元に(1)~(8)のダーツに展開できます。上の図はA,B,Cの方法で(1)のサイドダーツを入れる例です。

    A ・・・ 前後の差<>を移動する方法。
    B ・・・ BPを基点にA点が点(水平線上)にくる様に型紙を回転する方法。
    C ・・・ BPまで切込みを入れて斜めのWLが水平になる様にウエストでたたむ方法。

ダーツ止まりはBPから離します。また、どのダーツを入れるかはデザインだけでなく生地の柄(特に縞模様)も考慮して決めます。


As you can see the basic front bodice pattern, its side line is slanted and waist line isn't flat.  It's because swell of breasts pull the side line toward front and lift the waist line up. Just pinch BP and pull it forward then you will understand what that means. Therefore the gap <> means the amount of a dart.
The pictuer (on the left) shows common darts in place. A, B and C show how to insert a dart and are taken side dart (1) as an example.

    A ・・・ Move the amount of the gap<>
    B ・・・ Make PB as an axis and turn the pattern untill A reaches the point  on the flat line.
    C ・・・ Cut into a dart you want and fold waist side until slanted waist line becomes flat.

At last, make the dart-end at the point distanced from BP. Now you can insert any darts you want!


デザインによるダーツ展開 | Dart development in design



これは寸法移動(A)の方法で入れたサイドダーツ(1)を色々なデザインに展開する方法です。例えば、プリンセスラインの切り替え線にダーツを移動、ギャザー分にする、ダーツを移動してタックにする、というように色々なデザインを作ることが出来ます。

寸法移動(A)の方法を例に挙げたのは最もシンプルで簡単だからです。また、製図する際はまず原型の脇線は真っ直ぐ下に下ろし、前のWLは水平に伸ばしサイドダーツを入れます。そこまでの準備をしておいて製図をし始めるので何処にダーツを入れるにしてもこのサイドダーツから展開することになります。


The pattern on the left has a side dart using method A. These pictures show how the dart works in design. Princess line (sort of a armhole dart), gather or tack, these can be made by folding the dart.

Method A is simple and easiest. No matter where you want to insert a dart, get your basic bodice pattern with a side dart ready when you start drafting (just like the picture on the left). At this moment, forget about waist darts :)