Jan 26, 2013

一枚仕立て / Working with Double Faced Fabric

先日買ったカシミア(30%)混ウールの接結ダブルフェイス。ただ今オーバーコートを作っています。そうです、一枚仕立てです!ベージュとチャコールグレー、どっちの色も好きだけどベージュを表に決めました。一枚仕立ては名前のごとく一枚に見える仕立て方。生地を二枚に剥がす作業は避けて通れません。これが本当に大変で指も爪もくたくたになります。そして縫い代の始末は全て手まつりという気の長~くなる作業。まだ製作途中ですが、今日は一枚仕立ての苦労、ではなく、私の縫い方を簡単に紹介したいと思います。一枚仕立ての洋服が高価なのも少しは納得出来るのではないでしょうか。

This is the cashmere blend wool fabric I bought the other day. It's double-faced as you can see the photo. I've chosen the beige side to be main and am working on a double-faced overcoat right now. I'm going to show you how to sew a seam to make the garment double faced. This is a quite tiring work but I'm excited and enjoy making because I feel satisfy when I see the finish work. Anyway double faced garments are so expensive but you will see that makes sense.



■ 接結糸 - Binder thread

生地を剥がすともしゃもしゃ見えるのが接結糸。切り替え線や端など縫う所は生地を剥がしていきます。青の矢印は接結糸が走っている方向ですがこの方向を剥がす時は糸を抜き、逆方向の時は糸を切っていきます。最初は全て切っていましたが抜く方が楽で早いことに気づきました。実際、縫い線はカーブになってたりする所もあるので両方を駆使しての作業なんですけどね。(画像をクリックすると拡大します)

Double faced fabric consists of two layers of cloth and the binder threads are holding them together. So you can open it by cutting the thread and the edges need to be opened when machine-stitching. The blue arrow shows the direction that the thread runs through. When you want to open the edge to this direction, pull out the thread. I found out this was faster. Cut the thread when opening to the other direction. (Click on images to enlarge)



■ 縫い方 - How to sew

      
  1. 縫い代1cm位で裁断します。
  2. 5mm内側にミシンをかけます。(後で抜き取るのでミシン目は大きく)
  3. 接結糸を切ってミシンの位置までしっかり剥がします。(片側のみ)
  4. 出来上がりから4mmに縫い代をに切り揃えます。
  5. 中表にし、剥がした一枚を省き縫い代を揃えてピンで留めます。
  6. 出来上がり線を縫います。
  7. 縫い終わった状態。
  8. 縫い代を片倒しにし、縫わずに省いていた方を手でまつっていきます。
  9. まつり終わった状態。
  10. 最初にかけたミシンの糸を抜き取ってをって出来上がり。

  1. Seam allowance is about 1cm at this moment.
  2. Machine-stitch. (Adjust stitch pitch in 4 to 5mm. The thread is taken out later) 
  3. Open the edge. (One side only)
  4. Cut off the extra seam allowance.
  5. Pin both side together. (Face to face)
  6. Machine-stitch the seamline.
  7. Just done 6. 
  8. Overlap the seam allowance and blind stitch.
  9. Just done 8.
  10. Take the machine thread out and then finished!

にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

Jan 20, 2013

リボンニットでバルーンスカート / Ribbon-Knit Bubble Skirt

ご無沙汰しております。今年もこのブログは相変わらずスローな感じでやっていきますがどうぞ宜しくお願いします!さて、今年最初はバルーンスカートです。不織布のリボンヤーンが編み込まれたウール混のラメ入りニットです。リボンツイードはよく見かけたりもしますがリボンが入ってると見た目も豪華ですよね。今回は以前作ったバルーンスカートを少し変更して、タックは前後に4本(前回は6本)づつ、裏地は裾から4cm(前回は10cm)の所で縫い付けました。安い生地ではなので無駄を省きたかったからなんだけど結果的に今回の方がスッキリして気に入ってます。また時間がある時にこの製図も追加出来ればと思います。


Hello there! My very first work of this year is the bubble skirt. I think ribbon tweed fabric is well known but this is wool blended knit fabric with non-woven ribbon yarn and glitter yarn as you can see the photo above. These fabrics really look gorgeous because of the ribbon so I think the ribbon yarn could be used somehow as a braid trim.  It was kind of expensive so I modified my previous bubble skirt to save some more fabric for an another plan. This time, the skirt has 4 tucks each in front and back, the bottom line of the underlining is 4cm above from hemline. More importantly I had to add 2cm at waist! I'm neither pregnant nor ill. So you know why. I need to keep this size at least for my waist-belted-skirts, otherwise I will be in trouble!


にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ